メニュー

~鶴岡シルクストーリー~

鶴岡シルクストーリー

 鶴岡は、元和8年(1622年)、徳川氏譜代大名の酒井忠勝公の入部以来約250年にわたり、庄内藩14万石の城下町として発展してきました。

 明治維新を迎え廃藩置県ののち、新政府の生糸立国という殖産興業政策に応じることとなり、旧庄内藩士約三千人による鶴岡の南東の地、現在の鶴岡市羽黒町松ヶ岡地区の開墾が行なわれました。

 明治5年から始まった開墾事業は、明治10年に大蚕室10棟(5棟が現存)が創建され、製糸を開始、明治22年以降器械繰に移行し生産性を向上させました。

 明治30年代になると絹織物業はめざましい発展をみるようなり、鶴岡では輸出向けの羽二重の生産が隆盛を極めました。

 その後、太平洋戦争が始まり、戦争の激化とともに、当時19社あった会社も廃転業を強いられ、軍需用の絹を織る3企業(鶴岡織物、羽前織物、松文産業)を残すのみとなりました。

 戦後、復元したわずかの企業を加えて昭和26年鶴岡織物工業協同組合が設立されました。

 昭和39年をピークに生産量は下降し、織物業界は厳しい時代を迎えることとなります。

 40年代になると、中国との競合が激しくなり、特に羽二重の産地は破壊的な打撃を受けました。ここにいたり松文産業は絹をあきらめ合繊専門工場となり、齋藤外市の創設した最も老舗の鶴岡織物も42年遂に廃業、さらに47年には鶴岡で最大の羽前織物も廃業し、現在は松岡(株)1社となりました。

 今日、経済のグローバル化の進展により絹織物業は一層厳しい時代を迎えていますが、鶴岡は養蚕~製糸~製織~精練~染色・プリント~縫製という絹製品を作る一連の技術・体制が域内にある全国でも稀有な地域で、日本の中で本格的な絹産地の北限となっています。

 また、近年は「小石丸」や「松岡姫」などという蚕品種の飼育技術を確立したり、「SILK2」という伸縮弾性と捲縮性をもつ絹100%の新素材を開発したり、絹入りの麦切りやお菓子等の食品を開発したりと、新しい可能性を広げる様々な取り組みも行なっています。

 そしてなお、現在も高級絹織物の産地として高い評価を受けています。

  • 2015.02.02
  • 15:10

取り扱い店舗のご案内

取り扱い店舗のご案内

【kibiso SHOP】のご案内

■鶴岡まちなかキネマ(エントランスホール)

  山形県鶴岡市山王町13-36 ☎0235-35-1228

■でがんす(営業時間9:00~17:00) 

  山形県鶴岡市山王町3-11 ☎0235-64-8701


【kibisoコーナー】のご案内

■山形県 あつみ温泉 萬国屋 売店「華篭」
  山形県鶴岡市温海丁1 ☎0235-43-3333
■山形県 湯の浜温泉 海辺のお宿 一久 売店
  山形県鶴岡市湯野浜1-10-29 ☎0235-75-2121
■山形県 湯野浜温泉 亀や「HOURAI」
  山形県鶴岡市湯野浜1-5-50  ☎0235-75-2301
■山形県 湯田川温泉 湯どの庵
  山形県鶴岡市湯田川乙38  ☎0235-35-2200
■山形県 湯田川温泉 つかさや旅館 売店
  山形県鶴岡市湯田川乙52  ☎0235-35-2301
■清川屋
  ・鶴岡本店 ☎0235-22-7111(営業時間8:30~19:00)

  ・鶴岡インター店 ☎0235-28-3111(営業時間10:00~19:00)

  ・HOUSU清川屋

  ・庄内空港店

  ・山形空港店


  • 2016.02.16
  • 14:57

会社概要

会社概要

社名 鶴岡シルク株式会社
Tsuruoka Silk Co.Ltd.
所在地 〒997ー0017
山形県鶴岡市大宝寺日本国223-5 
TEL 0235-29-1607
FAX 0235-29-1608
E-Mail info@t-silk.co.jp
URL https://www.t-silk.co.jp
代表者名 代表取締役 大和 匡輔
設 立 2010年12月6日
事業内容
  • kibiso(※) 商品の企画・製造・販売
  • 絹を中心とした繊維製品の企画・製造・販売
  • 上記に関連した事業


 kibiso(※)とは、平成19年に経済産業省「中小企業地域資源活用促進法」の認定を受け事業化が始まった、絹の「製糸工程から産出されるキビソを活用した新素材開発及び、国内唯一の地域内一貫生産による高付加価値型シルク製品の開発」の事業計画により開発された絹の新しい素材のことです。

 製糸工程において、繰糸の際に繭から糸口を見出すためにすぐりとった緒糸(ちょし)を乾燥させたもので、シルクの持つ抗菌性、高難燃性、UVカット、吸湿性その他絹の特性すべてを有し、また今までにない風合いを持っています。

 この製糸工程から産出される副産物であるキビソを新素材として活用し、キビソを用いた新たな糸・テキスタイルを開発し、風合いの新たなシルク素材「kibiso」として新たにブランド化し、従来取り組んできたアパレル市場だけでなく、インテリア雑貨市場等の新市場の開拓を行っています。

kibisoとは?

Kibisoのこと

蚕が繭を作る際に最初に吐き出す糸「きびそ」。「きびそ」とは生糸の原材料となる繊維を繭からたぐる糸口の部分で、蚕が繭を作るにあたって最初に吐き出す糸のこと。太くて硬いことから、繊維として生糸に使われることが今まではほとんどありませんでした。 しかし「きびそ」には水溶性のたんぱく質が豊富に含まれ、
保湿力に優れている上に紫外線吸収力や抗酸化作用があると言われ、スキンケア商品の成分などに活用されてきていました。その「きびそ」をつかい、エコロジカルでナチュラルな絹製品をつくりました。 それが「kibiso」です。軽やかで立体感のある絹製品「kibiso」を鶴岡よりお届けします。

きびその表情

太さが均一ではなく加工しにくいことから、繊維として生糸に使われることがほとんどなかった「きびそ」。 ゴワゴワした太くて硬いその素材感は従来の絹のイメージとは異なる独自の表情を見せます。

また、オーガニックコットンと合わせることで、よりナチュラルな糸など様々な表情を作ることができます。 その独自性と鶴岡の風土・歴史を感じていただいた多くのファッションデザイナーに活用していただいております。

須藤玲子


テキスタイルデザイナー
東京造形大学教授

武蔵野美術大学テキスタイル研究室助手を経て、’84年「NUNO」の設立に参画。新旧の素材や技術を駆使した布づくりをおこなう。’87年デザインディレクターに就任。’94年にロスコーアワード、’05年に英国UCA芸術大学から名誉修士号を授与、’07年に「マンダリンオリエンタル 東京」のホテル内装を手がけた功績が評価され、毎日デザイン賞を受賞。ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館、ボストン美術館、ビクトリア&アルバート美術館、東京国立近代美術館工芸館、他に作品が所蔵。

佐野研二郎
Art Drector  Kenjiro Sano

1972年東京生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業、博報堂入社。博報堂/HAKUHODO DESIGN を経て、2008年 MR_DESIGN INC 設立

明快でシンプル、骨太なアートディレクションで、LISMO!やニャンまげ、Tブー!Sなどのキャラクターデザイン、キリン円熟や日進ラ王、つや姫などのパッケージデザイン、フランフラン PIGMUGや防災用品テノヒラトレイなどの商品開発、ベネッセ・しまじろうの三歳児教材や東大・京大特講などのブックデザイン、としまえん、ラフォーレ原宿、日産MURANOやソニー・コンピュータPSPなどの広告デザイン、レミオロメンやつじあやの、毛皮族、森美術館、国立新美術館のアートワークなど幅広く手掛ける。

会員メニュー

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ